著作権侵害サイトの特定方法


偽通販サイトへ誘導する画像掲載サイト
リーチサイト
侵害画像を掲載するページの特定方法 


 

偽通販サイトの特徴

 

1.リーチサイトとセットで運営
(画像検索結果からの誘導)
leeching website・Leech Site

 

リーチサイトの特徴
サイト説明の構成文がワンパターン

 ↓

意味不明な用語の羅列+侵害画像に該当する単語

 

例えば以下パターン

 

植物学者 優先権 パール 巾着 袋 オリジナル

 


 

リーチサイトの特定方法
※ウィルス対策のPCでの実行、
及び結果は自己責任でお願いします。
※クリックで項目へ移動します。

 

1.著作権を持つ自社やご自身の
画像ファイルをご用意下さい。

 

2.Google画像検索サイトに
画像ファイルをドロップ

 

3.侵害画像とコンテンツの
表示を確認して下さい。

 

4.▼ボタンを押してください。
キャッシュが表示されます。

 

5.キャッシュボタンを押すと
侵害画像を掲載している
サイトが表示されます。

 

6.侵害画像を掲載する証拠
スクリーンショットを保存します。

 

7.検証作業

 


 

1.著作権を持つ自社やご自身の
画像ファイルをご用意下さい。

 

メッシュバッグオリジナル制作を説明する為に制作した、当社が著作権を持つ画像

 

2.Google画像検索サイトに
画像ファイルをドロップ

 

Googleの画像検索に画像をドロップ

 

3.侵害画像とコンテンツの
表示を確認して下さい。

 

当社ホームページに掲載の画像を無許可・無断で使用しているサイトが画像検索結果で表示される例

 

4.▼ボタンを押してください。
四角枠で囲ったキャッシュが表示されます。

検索結果のコンテンツに▼ボタンがあります。クリックするとキャッシュと表示されますのでクリックして下さい。

 


 

5.キャッシュボタンを押すと
侵害画像を掲載している
サイトが表示されます。

 

当社の画像を無許可・無断で掲載するサイトのキャッシュページの画面

 

6.侵害画像を掲載する証拠の
スクリーンショットを保存します。

 

当社の画像を無許可・無断で掲載しているサイトの画面キャプチャ例

 


 

7.検証作業

 

当社ホームページの画像を無許可・無断で使用するサイトの証拠画像